冬の肌ケア

冬になると、空気が乾燥して、お肌の調子が悪くなってしまいますよね。カサカサや乾燥によるひび割れなど、悩まされることが多いです。
私は、あまり念入りに肌の手入れをしない方なのですが、やはり、洗顔の後に肌がつっぱる感じがすると、もう少し保湿が必要なのかなと実感します。

保湿は、コットンに化粧水を含ませてパッティングすると良いそうですね。
でも、寒い時期になると、コットンでパッティングをするのではなく、清潔にした自分の手で、化粧水を顔になじませるのも良いらしいです。
手のぬくもりで、肌の毛穴が開き、化粧水を肌に浸透させやすくなるとのことです。

確かに、冬になると、毛穴がぎゅっと閉まっているようで、化粧水が染みこみにくいような感じもしますよね。また、必要を感じたら、週に1回くらいは、化粧水をコットンに含ませたパックをして、お肌の集中ケアをしたいと思います。
寒くなるこれからは、自分の手のぬくもりで、お肌のケアをしていきたいと思います。